アポ取り業務を外部に委託できる

営業代行を活用することで、見込み客のアポ取りを外部に委託することが可能になります。商材の購入の見込みがある顧客を開拓するにも、社員にアポ取り業務を行わせるのは効率が悪いものです。見込み客の掘り起こし業務を外部に委託することで、反響に対してのクローズ業務に専念することができるのです。立ち上げ当初のベンチャー企業や、中小企業の場合には、社内に多くの人材を抱えていないものです。営業代行を上手に活用することで、少ない人数の会社であっても、効率的に売上の計上を進めることが可能になるのです。

自社が扱っていない商材でも販促できる

営業代行の会社には、長きに亘って営業畑で働いて来た経験豊富な人材が多数在籍しています。自社で扱っていない商材であっても、営業代行に依頼すれば、多くの売上を計上できるのです。業務拡大のために、新しい商材に手を出すことを考えるのであれば、営業代行を活用することを検討するのも良いでしょう。新規事業の立ち上げのために、事務所を借りたり、人材の雇用を行わなくても、新規商材の販促を行うことが可能になります。商機を逃すことなく、少ないコストで新規市場への参入が可能になるのです。

コストをかけずに営業できる

営業代行の会社の多くでは、成約に至った場合にのみ費用が発生する成功報酬型が採用されています。自社で営業活動を進める場合には、一定の人件費が掛かることは避けられません。営業代行であれば、成約に結びつく可能性の高い顧客が見つかった場合のみ費用が発生しますので、多くのコストをかけることなく営業活動を進められるのです。資本余力がない企業では、後払いで活用できる営業代行は魅力的なものです。先行投資の必要もなく、多くの売上へと結び付けられるアポ取りが実現します。

自社の営業活動へのアドバイスを行なってくれる

営業代行の会社では、長年に亘り多くの企業の営業サポートをしているケースも少なくありません。自社と同様な商材を扱う、同業他社の営業スタイルについて熟知しているケースも多く、営業の進め方についてアドバイスを受けることができる場合もあるのです。立ち上げて間もない企業の場合には、社内にノウハウが蓄積されていないものです。経験豊富な営業代行の会社に依頼することで、自社では考えられない営業テクニックを学べる場合もあります。

一貫して営業業務を委託することも可能

営業代行の会社によっては、アポ取りから成約に至るまで、一貫して業務を請け負うところもあります。会社の方針が変わり、既存の業務を外部に任せ、新しい事業に踏み出すような場合には、営業業務を一貫して委託するのも有効な手段です。

営業代行は自社で売り出したい商品やサービスの宣伝・販売を代行してくれるサービスです。自社で営業マンを用意する必要がなく、コスト削減に役立ちます。