引越しの片付けが面倒くさい

引越しには片付けがつきものですよね。引越しをして終わり、ではなく大量の段ボールを片付ける荷解きの作業があります。その片付けが面倒だという方も多いでしょう。中には引越しして時間が経っているのに段ボール箱がおいてあるという方もいるかもしれません。少しでも楽に片付けをするためには、どんなコツがあるのでしょうか。

小さな目標を立てて実践しよう!

荷解きをする時に何も考えずに目の前にあるダンボールから片付けていませんか。それでは効率が悪くなってしまいます。まずはこの段ボールはここの部屋、あのダンボールは日用品というように中身ごとに段ボールを分けます。その後、今日はこの段ボールを片付けるぞといった小さな目標をたてます。ここでのポイントは初めから大きな目標を立てるのではなく小さな目標をたてていくことです。小さな目標をコツコツやり遂げることで次にやることが明確になり無駄な時間を省くことができます。

生活に必要なものから!

引越しをした後にすぐ使うものはなんでしょうか。例えば歯ブラシ、スマートフォンの充電器、タオル類などは引越ししたその日から使う可能性が高いですよね。これらが初日に使えないと生活に支障をきたす可能性があります。そういったものは予め同じ段ボールに入れておいて、引越しが終わったら一番最初に片付けましょう。これをやるだけで引越し初日の生活がかなり快適になりますし、その後の片付けも順序よくすることができます。まずは生活に最低限必要なものから片付けをしていきましょう。その他のものは後で自分のペースで片付けをすれば良いです。

どうしても一人でやるのが面倒なら手伝ってもらおう!

段ボールがありすぎて自分だけではできそうにない、と諦めかけてしまう場合もあるかもしれません。そんな時は周りの人に頼ることも考えてみましょう。人に任せたら自分の思い通りにならない、と不安に思う方もいるでしょう。その場合は簡単な作業を手伝ってもらうと良いでしょう。例えば、段ボールを開けてもらったり、服やタオル、小物といったようにジャンルごとに分別してもらったりします。そうすれば後で自分が片付けをする時にかなり楽になります。頼める家族や友人がいないという場合には引越し業者に頼むこともできます。引越し業者のプランの中にオプションがついているプランがあるのでそれを選べば片付けまでやってもらうことができます。早く片付けを終わらせたい、自分ではできそうもないといった方にはぴったりです。ただ、追加の費用がかかるので予算面を考慮する必要があります。

不用品の回収は使わなくなった物を処分することです。いらないものがある時は業者を利用して回収してもらいます。